ガソリン代の相場は平均で月どのくらいになるの?

私たちの生活に欠かすことが出来ない、車のガソリン代の平均の月の相場についてご紹介します。

一般的には1台分で約1万円から2万円程度となります。

はっきりとした金額が出せないのには理由があり、車の車種や走行距離、燃費などに大きく差が出る為に、はっきりと答えが出せないのです。

しかし、車は殆どの方が通勤や通学などに毎日使用することが多く、その分ガソリン代もかかります。

1か月の収入から取り分けるガソリン代分として、平均すると月に1万円から2万円が相場となります。

この他に、遠出をして旅行に行ったり帰省するとなると、また大きくガソリン代はかかってしまうことになりますが、一般的な相場を平均するとこのくらいの金額になるのではないでしょうか。

また、ガソリン代の値上がりや値下がりに伴い、月ごとの費用も変わってきますので、多少多く見積もっておいた方が損は無いでしょう。

最近では、電気自動車の開発や、燃費がとても良い車が開発されたりと、ガソリンにかかる費用を削減できるような取り組みが沢山あります。

私たちの地球の大切な資源でもありますので、なるべく月にかかる費用を抑えて生活することが、これからも求められるのはないでしょうか。

01-gasoline

ガソリン代の推移や予測、今後の見通しはどうなるの?

ガソリン代の価格の推移は原油価格に連動し、その遅れは約1ヶ月とされています。

2015年辺りごろから中国の経済に減速化が見られ、日本国内への旅行者による爆買いの光景も見られなくなって行きました。

米国においてはシェールガスの増産、石油輸出国機構の生産拡大に伴って需要は中国においてダブついている為に供給過多の状態にあるとも言えます。

原油価格が下がって来ているのとEUのギリシャ危機に端を発する域内バランスの乱れも影響があると見られています。

過去を遡ると1998年にはリットル辺り87円にまで下がった時期がありました。

2016年3月は最安値として109円をつけましたがその後1016年7月には120円まで上昇して来ています。

原油価格が下がるとどういう恩恵を受けるのかについては電気代等の光熱費が下がること、それに関連して石油製品が安くなります。

ガソリンの輸送費も安くなり商品価格も下がり旅行がし易くなって観光業が活発化します。

ガソリン代のこれまでの推移やこれからの予測によっては今後は価格上昇が予測されるという見方が見られます。

新興国は別に中国だけではありません。

ブラジルやインド、東南アジアも活発化しており、それは今後の未来予測に基づいてガソリン代の価格が今後推移して行くとする見方ができるからです。

02-gasoline

クレジットカードでガソリン代を節約する方法を教えて!

家計費の中で、ガソリン代の比率は、2人以上の世帯の自動車等維持は1万5862円という平均がでています。

この中で、ガソリン代が占めるのは家庭により異なりますが、景気に関係なく日本は国外から輸入しているために原油が高騰するとすぐに家計に跳ね返ります。

このガソリン代の節約をするのなら、現金払いよりもクレジットカードを利用することがお得になります。

石油会社のクレジットカードを利用するのが節約のポイントです。

ガソリンスタンドにいくと、大きなボードで本日のガソリンなどの価格が表示されています。

そのときに会員価格という項目が必ずあります。

この会員価格とは、そのガソリンスタンドの系列の石油会社のクレジットカードを利用したときの価格です。

リッター当たり、通常価格よりも2~3円安くなりさらに請求時に割引があるケースもあります。

このように、支払い方法を変更するだけでも節約をすることはできます。

また、カード会社によっては、年間使用量が大きくなるほど値引きが大きくなるものもでています。

今の時代は、クレジットカードを使い分けることで節約をすることはできます。

特に値上がり率が、高くなりやすいガソリンには賢く利用します。

03-gasoline

参考になるサイトを掲載しておきます

ガソリン代を節約しようと考えているという人の中には、今の生活の状態が厳しくなっていることもあるかもしれません。

例えば、日々の生活の中の出費が給料よりも多くなってしまい、借金ループにはまってしまっていたり。

いわゆる借金苦と呼ばれる状況なら、参考サイトを載せておきますので、ちらっと覗いてみてください。